おしらせ

『立命館言語文化研究』32巻4号に、マルゲリータ・ガネーリ「イタリア系アメリカ文学とイタリア」(拙訳)が掲載されました。
ゼロカルカーレ『コバニ・コーリング』(花伝社)9月7日発売です。
「読書のいずみ」にエッセイを寄稿しました。
「週刊読書人」に書評を寄稿しました。
ジョン・ファンテ『犬と負け犬』(栗原俊秀訳、未知谷)が刊行されました。
イタリア文化財・文化活動省翻訳賞を受賞しました(カルミネ・アバーテ『偉大なる時のモザイク』の翻訳により)。
カルロ・ロヴェッリ『すごい物理学講義』(竹内薫監訳、栗原俊秀訳)の文庫版が刊行されました。
ピエトロ・アレティーノ『コルティジャーナ:宮廷生活』(栗原俊秀訳、水声社)が刊行されました。
対談イベント「世界に散らばるイタリア系移民」に登壇します。
『通訳者・翻訳者になる本2020(イカロス・ムック)』(イカロス出版)に、インタビュー記事が掲載されました。
翻訳フェスティバル2018「世界の言葉をつむぐ人々」(出版社クオン主催)に登壇します。
フェデリーコ・マリア・サルデッリ『失われた手稿譜』(関口英子、栗原俊秀訳、東京創元社)が刊行されました。
NHKラジオ「まいにちイタリア語」のテキストで、『ピノッキオの冒険』の対訳連載が始まりました(2018年4月号からスタート)。
ジョン・ファンテ『デイゴ・レッド』の「訳者あとがき」を公開しました。
カルミネ・アバーテ『帰郷の祭り』の「訳者あとがき」を公開しました。
カルミネ・アバーテ『偉大なる時のモザイク』の「訳者あとがき」を公開しました。
ジョン・ファンテ『バンディーニ家よ、春を待て』の「訳者あとがき」を公開しました。
ジョン・ファンテ『満ちみてる生』の「訳者あとがき」を公開しました。
「書評」ページを更新しました。
「栗原俊秀のホームページ」を開設しました。
inserted by FC2 system